顧客を守る事は新生銀行のレイク自身を守る事

 個人融資を受けるに当たっての安全性を考える場合、貸金業者は登録を受けているかが問題になります。

 その貸金業者は2つ以上の都道府県に営業所が有る場合は内閣総理大臣に、一つの区域内に有る場合は都道府県知事の登録を受けなければ成りません。
正規の貸金業者は金融庁に届出が有りますから、どの書類にサインする場合でも必ず金融庁に確認してからにしましょう。

また多くの貸金業者は日本資金業者組合入り、顧客の安全と顧客が多重債務になるのを防ぐ為に自己規制などをしています。貸金業者かどうかは簡単にチェックできますからお金を借入する前に、契約の安全性の為に公的機関に確認を取りましょう。

登録番号があると言いながらその番号を言わない場合、電話番号が固定電話の物でない場合、顧客からの連絡を嫌がる場合などは、その業者を名乗るものが正規の登録を行っていない恐れが有ります。安全性を考えて必ず、自分の目で確認をしましょう。

新生銀行のレイクなら安全性の問題は簡単にクリアできます。新生銀行のレイクはは逃げも隠れもしませんし、銀行としてのブランドを確立していますから、キャッシングの安全性には申し分有りません。

 総量規制法の貸付限度額は年収の3分の1となってますが、新生銀行のレイクは銀行として顧客と契約をしますから、総量規正法には縛られません。
レイクは顧客の安全性と多重債務を防ぐ為、融資する側の安全性の為にも融資の審査は有ります。融資の安全性と顧客が無理なく借りて返済が出来る事が、レイクの利益ですから、顧客を守る事は新生銀行のレイク自身を守る事に成ります。

 あなたの幸せはレイクの幸せ、レイクは顧客に喜んで活用してもらってこそ営業利益が出ます。共存共栄をしなければ、成り立たない業種だといえます。
以上の様に顧客が満足して長い間でも、短期的にでも無理なく融資して返済が出来る事が新生銀行のレイクの存在価値と成ります。

 個人の経済的自由と経済的な安全性を重視しなければ、成り立たないシステムです。新生銀行のレイクは預金を貸付金に当てますから、お金を回す事が銀行の利益と成ります。

 お客様にレイクを愛用してもらえないと、新生銀行自体の存在が困難な状態に成ります。キャッシングや個人への融資の安全性は十分に図っています。
 お金を借りよう、個人融資を受けたいと考えた場合、自分自身の安全性を一番に考え、貸す側の身分調査をシッカリとしましょう。