クライアントの幸せは新生銀行レイクの幸せ

レイクのキャッシングを受けて債務不履行になるか、答えはイエス。
どこでキャッシングを受けても、全く返済する意志や返済能力が無ければ、どうしても債務不履行に成ります。

レイクはお金を貸して、利息を営業利益としますから、貸したお金を返済してもらえないと新生銀行のレイクに損が発生します。

借りた物を返さないと債務が発生し、化した側は返してくださいとお願いし、返済意志が無い、誠意がないとみなされるとお金を融資した側は裁判所に債権が有り、それを返してほしい意図をつげます。一定の期間内に債務者からの返事が無ければ、裁判所の命令で債権の回収に成ります。

お金を返さないと延滞金、裁判所の費用、諸費用が掛かりそれは債務者に返済の義務が発生します。
とにかく、貸した側にも借りた側にも、債務不履行は悪い事ばかりで良い事は有りません。
お金を借りて返さなければラッキーなどとのんきな事は言えず、将来的にまた融資を受けようとしても無理に成りますから、債務不履行は避けたいものです。

レイクはクライアントが債務不履行にならないように、返済のシュミレーションや返済プランの相談に乗るサポートを充実させています。

金利の高いところでキャッシングをしてしまった、債務不履行になってしまうのじゃないかと不安があったら、新生銀行のレイクで「おまとめ」返済を戦略的にでるようにアレンジしましょう。
新生銀行のレイクはクライアントが安心して無理なく計画的に返済ができるようにプランを建てる応援をしてます。
受けた融資を全てまとめて金利を低くして、計画的に積極的に返済して債務不履行に成らない様に、顧客のライフアレンジメントをサポート。

レイクのクライアントが無理なくキャッシングして、安心して無理なく速やかに返済して長いお付き合いを保ちたいのが新生銀行のレイクの理念です。

新生銀行は普通預金も口座を持つことができ、キャッシングを受けたら、その口座に振り込む事も新生銀行の自動振込み返済もアレンジする事がででます。
新生銀行のクライアントを債務不履行から守るサポートは揃っていますし、新生銀行に口座が無いクライアントも同じレベルのサポートが受けられます。

レイクは安定した抑えた金利で、クライアントに無理の無い生活の安定をメインに考えてサービスをしています。
これからのキャッシングは積極的な金融サービスの利用で、お金をツールとして扱う戦略的なファイナンスをしていきましょう。